ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-03-28 11:54:57
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2016年08月15日 12:14
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
低く鋭くぶつかる 主将として優勝目指す
リーグ開幕目前 ラグビー日本代表金正奎さん

 今年5月、桜のジャージーに袖を通し、アジアラグビーチャンピオンシップを戦った。昨年のワールドカップの活躍で俄然注目を浴びることになったラグビー日本代表。2019年の東京W杯に向けて再スタートを切ったチームの新戦力だ。
 在日韓国人3世(現在は日本国籍)として大阪で生を受けた。ラグビーを始めたのは2人の兄の影響で、親の強い勧めもあって兄と同じ啓光学園(現・常翔啓光学園)の門をたたいた。いわずとしれた、全国屈指のラグビー強豪校である。
高校時代から同世代の日本代表に選ばれ、主将にもなった。全国制覇も経験した。現在24歳だが、所属するNTTコミュニケーションズシャイニングアークスでは、今年から主将を任されている。
「積極的に声を出すところと、ポジティブなところでしょうかね」と、本人は自分のキャプテンシーを控えめに語るが、周囲は「グラウンドの中では厳しいですよ」と話す。本人も、「家では末っ子タイプですが、ラグビーをしている時は違います」といたずらっぽく笑う。
ポジションはフォワードの一翼を担うフランカー。177センチで100キロに迫る堂々たる体格だが、相手はそれをはるかに上回る大男たちだ。そのため磨いてきたのが低く鋭いタックルだ。くしくもこのスタイルは、体格に劣る日本代表のスタイルに通じる。
五輪種目になっている7人制ラグビーの代表にも呼ばれたことはあるが、本人は15人制の日本代表へのこだわりを持つ。今は在日韓国人が韓国代表に名を連ねる時代だが、目標は日本代表だ。
昨年はニュージーランドに留学し、プレーにおけるスマートさも身につけた。こうして昨シーズン、リーグのベスト・フィフティーンに選ばれるまでに成長した。
日本代表に入ったことで、グラウンド外での過ごし方にも変化が生まれた。体のケアも入念に行うようになり、コミュニケーションを図るため、チームメートと積極的に食事をするようにもなった。
ただ、「大事なのは目の前のこと」と、シャイニングアークス主将の顔に戻った金さん。トップリーグの開幕は26日と目前に迫る。今は目の前の試合に勝ち、チームを優勝させることが最大の目標だ。

2016-08-15 18面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
ソウルで太極旗集会の現場から…
「日本人漁民50人以上を殺した」
太極旗革命をもって大韓民国の未来を
親族虐殺者の部下を認めた朝総連
朴大統領 弾劾決定
ブログ記事
ブログの読者各位 『新・浦安残日録』(号外)
新・浦安残日録(3) 晩節の〝選択〟
”若い世代が統一のための体力を作る”、韓国若者たちの誓い
国会内に大韓民国の敵がいると一喝する金鎮台議員
禹鍾昌記者が憲法裁判官8人を相手に損害賠償訴訟を提起
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」
「在日米軍が標的」
遺体は誰か 死因は何か
暗殺で北の外交関係揺らぐ


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません