ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-05-27 08:24:23
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2016年07月27日 22:25
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
日本代表 好調〝お家芸〟
体操・競泳・レスリング…

 東京(64年)、北京(08年)に次ぐ3番目の規模になった日本選手団。331人の選手がリオに乗り込む。
近年の大会で日本代表が好成績を残したのが04年のアテネ大会だ。そのアテネ以来のメダルラッシュが期待できる布陣ともいわれている。日本の「お家芸」といわれる競技に有力選手が揃ったからだ。
まずは競泳。男子では少年時代からしのぎを削りあってきた萩野公介と瀬戸大也だ。萩野はロンドン大会の400メートル個人メドレーで、尊敬するマイケル・フェルプス(米)を日本新記録で破り、高校生にして銅メダルを獲得した。今大会は200メートル個人メドレーと合わせて2種目で表彰台の頂上を狙う。400メートル個人メドレーには、世界選手権覇者の瀬戸大也も出場する。メドレー種目でアジア人初の金メダルは現実となるか。
体操は、何といっても「絶対王者」内村航平だ。個人総合で優勝に一番近いのが、世界選手権6連覇中の内村。種目別でもメダルが狙える日本のエースは、前大会で逃した団体戦の金メダル獲得にも燃えている。ゆかのスペシャリスト、白井健三も活躍が期待されている。
女子レスリングは6階級すべてに有力選手がエントリー。吉田沙保里、伊調馨といった実績のあるベテランと若手が融合した。だが、吉田も伊調も30歳を超え、体力の低下は否めない。彼女たちがどのような試合運びで結果を残すかが、チーム全体の浮沈を握るだろう。
ロンドン五輪で金メダル男女合計1個という「惨敗」に終わった柔道は、再建途上だ。アテネで金16個を獲得した際は、実にその半分が柔道のものだった。群雄割拠の各階級を勝ち残る粘りを見せられるか。
4年後を見据える若手にも注目したい。競泳自由形の池江璃花子、個人メドレーの今井月、卓球女子団体の伊藤美誠、飛び込みの板橋美波はいずれも高校生。陸上の短距離でも、東京五輪を狙えるランナーが揃った。

2016-07-27 3面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
韓日米同盟の強化を訴え
在外選挙 日本は投票者数・投票率減少
投票直前 「大逆転」はあるか
我々には見覚えのない、見知らぬ大韓民国
金大中・盧武鉉時代の対南工作再開
ブログ記事
新・浦安残日録(4)
北韓、朝総連、帰国者、在日(배나TV、日本語版)
極左勢力が青瓦台に入城!
‘保守勢力を潰滅させる’が共に民主党の党論か
洪準杓自由韓国党大統領候補のソウル江南での選挙遊説(*遊説の模範)
自由統一
ICBM開発 最終段階 大気圏再突入に成功
北の人権状況告発
韓米演習に合わせて挑発
北韓をテロ支援国再指定へ
「日本人漁民50人以上殺した」


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません