ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-21 09:14:29
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2016年07月27日 22:22
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
多士済々 虎視眈々
太極戦士、リオに挑む

 8月5日の開幕まで10日を切ったリオデジャネイロオリンピック。韓国代表は金メダル10個以上・総合10位以内を目指す。韓国代表団は今大会に選手203人(役員112人)を送り込む。この中には、16年ぶりに在日韓国人として代表になった柔道男子73キロ級の安昌林選手もいる。メダルが期待される選手をピックアップする。

 1988年のソウル五輪から16年ぶりに在日韓国人として五輪に参加することになったのが安昌林だ。在日韓国人のメダリストは過去に3人生まれている。唯一取れていないのが、安が目標とする金メダルだ。ライバルは日本の大野将平。安昌林が出場する男子73キロ級は8日で、当日の深夜には日本でも中継放送が予定されている。
今大会の注目ナンバー・ワンといえば、新体操の孫延在だ。キュートなルックスが注目されがちだが、ロンドンでは個人総合でアジア人の歴代最高成績となる6位入賞をはたした実力者。22歳だが、この競技では決して若くない。成熟した演技で表彰台を狙う。
ソウル五輪からの7大会で際立った成果を挙げてきたのがアーチェリーだ。男女個人・団体の計4種目が行われるが、韓国は半数以上にあたる18個の金メダルを獲得している。圧倒的な成績ながら、韓国選手が1大会で4部門を制覇したことはない。今大会の目標はずばり金4個。開幕翌日の6日には最初のメダルが決まる。アーチェリー代表だけでなく、韓国代表選手団に勢いをもたらせるか。
前回のロンドン五輪で銅メダルを獲得した男子サッカーは、今回もメダルが期待されている。ただ、団体競技でそれ以上に有望視されているのが、メダル常連の女子ハンドボールだ。
韓国選手団の女子主将を務めるゴールキーパーの呉令蘭は、5大会連続出場の最年長選手。44歳の「レジェンド」をはじめとするベテランと若手の融合に成功した代表チームは、2大会ぶりのメダル獲得を期す。
韓国選手団の旗手を務めるフェンシングの具本佶は、ロンドンでのサーブル団体に続いて2大会連続の金メダル獲得を狙う。フェンシング韓国代表のランクは世界5、6番手。もうひと伸びして過去最高成績を収めた前大会を超えたいところだ。
韓国発祥のテコンドーや、世界トップクラスのプロが参戦する女子ゴルフでも、韓国勢のメダルは確実視されている。
オリンピックは21日に閉幕する。パラリンピックは9月7日から18日までだ。

2016-07-27 3面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
大統領の国憲びん乱 
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません