ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-04-28 08:44:48
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2016年07月13日 12:54
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
民進党は大きく後退
参院選 与党勝利で改憲発議可能に

 10日に投開票が行われた参議院議員選挙で、自公が勝利した。改選となった121議席のうち、両党は改選前から11議席増となる70議席を獲得した。対照的に、野党第一党の民進党は改選前から13議席減となった。減少幅では政党別で最多だ。
おおさか維新の会、日本のこころを大切にする党を含めた「改憲勢力」や、改憲に前向きな無所属議員は、憲法改正の発議が可能となる162議席(非改選との合計)を超えた。衆参両院で3分の2以上が改憲に前向きな議員となったことで、改正案が両院の本会議で可決されれば国民投票が行われることになる。
参院選の結果は韓国でも報じられた。与党の勝利を伝えるとともに、憲法改正に向けた動きが加速する可能性があるとの分析が支配的だった。「警戒すべき」という否定的なトーンの報道も目立った。

2016-07-13 3面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
【投稿】 「慰安婦問題」と今後の韓日...
<朴前大統領逮捕>自由民主体制の危機 
国民主導のセヌリ党が発足 
大統領は最高司令官 敵が恐れる候補を...
日本籍同胞のための「包容策」 在外同...
ブログ記事
文在寅は‘宋旻淳の資料’に真剣に答えろ!
゛平壤に訊いて見たのが何が問題か”
中共「習近平の社会帝国主義」妄言を糾弾する
北を主敵と言わない文在寅
大統領は最高司令官、敵が恐れる候補を選ぼう!
自由統一
北の人権状況告発
韓米演習に合わせて挑発
北韓をテロ支援国再指定へ
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません