ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-24 08:06:40
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2016年07月13日 12:32
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓米、THAAD配備決定
北の脅威に対抗 中露は反発

 在韓米軍が配備を進めていた高高度防衛(THAAD)システムが、ついに韓国に配備されることになった。北韓のミサイルを迎撃する能力があると期待されている。韓国側はこれまで配備の肯定も否定もしていなかったが、北の相次ぐ挑発を受け、配備決定の発表に至った。システムにはレーダーも含まれるが、範囲に入る中国とロシアは反発している。

 「増大する北韓の脅威に対応するため」
8日にソウルの国防部庁舎で行われた記者会見に出席した柳済昇・国防政策室長とトーマス・ベンダル在韓米軍司令部参謀長は、THAAD配備の理由を明確に述べた。潜水艦発射ミサイルや中距離弾道ミサイルなど、核弾頭の運搬手段を多様化させている北韓は、核ミサイルを実戦配備状態にしているといわれる。韓国および在韓米軍にとっては、従来のミサイル防衛の主軸であったPAC3では届かない高度に対応するため、THAADは必要だった。
韓米の発表に対し、以前から反対の立場を示していた中国外務省は、「強烈な不満と断固たる反対」を即座に表明。配備中止を求めた。ロシア外務省「北東アジアおよびその周辺の状況に取り返しのつかない悲劇的結果を引き起こしかねない」と再考を訴えた。
韓国の柳室長は「第3国を狙うものではない」と強調。中露の理解を求める意向だ。
現在、THAADの配備場所や時期は未定。関係者はソウル近郊に配備される可能性は少なく、時期は早くて今年末になると述べている。

2016-07-13 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません