ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-03-28 11:54:57
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2016年05月18日 00:25
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
在日3世 安昌林、リオへ
柔道73キロ級 28年ぶりの五輪選手

 8月に開幕するリオデジャネイロ五輪に、日本生まれの韓国代表選手が出場することが決定的となった。柔道男子73キロ級の安昌林選手だ。在日韓国人が韓国代表として五輪に出場するのはソウル大会以来28年ぶり、メダルを獲得すればモントリオール大会以来40年ぶりの快挙となる。(溝口恭平)

韓国代表に定着し、国際大会でも結果を残してきた安昌林(15年7月、光州ユニバーシアード決勝。連合ニュース)
世界ランク2位 メダル狙う

 10、11日にかけて、江原道・楊口で国家代表最終評価戦が開かれた。各階級の国内上位8人による、事実上のリオ五輪代表決定戦だ。安昌林選手(水原市庁)は同大会の男子73キロ級で優勝を飾り、リオ五輪代表に内定した。男子66キロ級に出場した金琳煥選手(韓国馬事会)は準優勝だった。
安選手は京都生まれの在日韓国人3世だ。地元の京都で柔道を始め、高校時代は強豪の桐蔭学園(神奈川県)に進学した。高校3年時の2011年に韓国国体に出場。同年代の国内トップの選手を相手に銅メダルを獲得した。
大学生になった2012年も韓国国体で3位と健闘した。2014年からは韓国の名門・龍仁大学に編入し、国体で初優勝を飾る。国際大会にも韓国代表として出場しはじめ、順調に結果を残してきた。
安選手がけがもなく順当に五輪に出場すれば、在日韓国人としては28年ぶりの快挙となる。だが、安選手の実力を考えれば、五輪は「出場することに意義がある」大会ではなかろう。
韓国代表として五輪に出場した在日韓国人は、夏冬合わせて延べ20人。そのうち3人がメダルを獲得している。いずれも柔道家だ。64年東京大会中量級銅メダリストの金義泰、72年ミュンヘン大会中量級銀メダリストの呉勝立、76年モントリオール大会中量級銅メダリストの朴英哲の3氏である。
安選手は国際柔道連盟(IJF)の最新の世界ランキングで2位につけている。もちろん韓国人選手ではトップだ。おのずとリオでは金メダルへの期待も高まる。「幼いころから太極旗をつけて金メダルを取るのが夢」と語っているように、目標は定まっている。金メダルに輝けば在日韓国人としては初の快挙だ。
ライバルとなるのは、日本の大野将平選手だろう。IJFのランキングでは安選手の下位につけるが、けがの影響などで国際大会に出られなかった影響だ。今年2月の直接対決でも、安選手を内容で圧倒し破っている。リオロ五輪の柔道男子73キロ級は、8月8日(現地時間)に行われる。

「励みや目標に」 在日本大韓体育会会長 崔相英さん

 在日韓国人社会にとって、安選手のリオ出場は励みや目標になることだと思う。スポーツをしている人なら、大きな舞台に立ちたいと思うのは当然のことだからだ。
素質のある選手が安選手の活躍を機に、韓国の国体に出てくれるようになればうれしい。いろいろな競技で韓国代表を目指してほしい。
在日本大韓体育会は、多くの方からのご協力をいただいている。これまでのご協力に感謝するとともに、引き続き後援・支援をいただきたいと思っている。本会も継続して努力する。

「力出し切って」 東京五輪柔道銅メダリスト 金義泰

 オリンピックの舞台でリラックスしろというのは無理だが、力を出し切ってほしい。大野選手のことはよく知っているが、非常に強い選手だ。もし当たればいい試合になるはず。
ほかの選手にも要警戒だ。特に地元ブラジルの選手は、昔から日系人のいい指導者の下、力をつけている。それでも安選手にはいい結果が出ることを期待している。

2016-05-18 1面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
ソウルで太極旗集会の現場から…
「日本人漁民50人以上を殺した」
太極旗革命をもって大韓民国の未来を
親族虐殺者の部下を認めた朝総連
朴大統領 弾劾決定
ブログ記事
ブログの読者各位 『新・浦安残日録』(号外)
新・浦安残日録(3) 晩節の〝選択〟
”若い世代が統一のための体力を作る”、韓国若者たちの誓い
国会内に大韓民国の敵がいると一喝する金鎮台議員
禹鍾昌記者が憲法裁判官8人を相手に損害賠償訴訟を提起
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」
「在日米軍が標的」
遺体は誰か 死因は何か
暗殺で北の外交関係揺らぐ


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません