統一日報
ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-12 00:00:00
Untitled Document
電子版の使い方
ご購読の申込
新韓銀行
自由日報
趙甲濟ドットコム
未来韓国
JKJTV
政治
対日議員外交に苦慮 有力な仲介役不在で
妄想と反逆史観で国民を分裂させる文政権
主張
米中戦争を見る自由大韓民国国民の観点と課題
文政権打倒だけが大韓民国が生きる道だ
国際
二枚舌を使う文在寅政権 中国の肩を持つ
韓国を亡国へと導く親中・従中派メディア
経済
酒類への課税方式変更
金融機関対象に雇用調査実施
社会
人と今 五十嵐 真希さん(K-BOOK振興会編集委員・翻訳家)
今週の人言(ひとこと)
文化
韓日ドラマ 双方向でリメイク活発
ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2019
米国が「一つの中国」政策を廃棄
中国共産党を摘示、非難
インド太平洋戦略に州兵を動員 米中戦争が急速に拡大、この戦争の様相がはっきり見えてきた。米国防省の報告書は、台湾を国家に明記した。特に、中国共産党が中国を間違った方向に導いていることを強調している。この基調から...
脱原発政策に固執
第3次エネルギー基本計画を閣議決定
 韓国産業通商資源部は4月19日、「第3次エネルギー基本計画案」を発表、今月4日の国務会議(閣議)で審議・確定した。同計画は、文在寅政権が発足以来推進してきた、脱原発政策を堅持するもの。再生可能エネルギーを中心に据え...

1800年にわたる韓日交流史をたどる<第10回>
善光寺の僧侶に新羅の末裔
仏教伝来に秘められた古代史の謎 日本の古代史において、仏教伝来を取り巻く蘇我氏と物部氏の対立と権力争いは有名な話だ。聖徳太子と蘇我氏に代表される百済系は、新興宗教だった仏教の隆盛を試みた。半面、物部氏に代表され...
対日議員外交に苦慮 有力な仲介役不在で
失笑買う姜昌一・韓日議員連盟会長の的外れ発言
 姜昌一・韓日議員連盟会長(共に民主党)の的外れな発言が、各所で失笑を買っている。姜議員は最近行ったメディアとのインタビューで、国会外交統一委員会所属議員らが5月下旬に行った訪日外交を批判し「(外統委の議員らが日本で...

米国務省が北韓制裁強化
有力情報に最大500万㌦の褒賞金
 国際社会が北韓への圧力を強化している中、米国国務省は北韓関連の違法活動に対し有かな情報を提供した場合、最大500万ドルの褒賞金を支給するとした。主に瀬取りなどに関する情報が対象だが、今回の措置はより幅広い範囲を網羅...
全米女子でイ選手優勝
今シーズンも韓国旋風の予感
 「14本のクラブをすべてうまく使う選手が優勝できる」―ことを原則とする全米女子オープンのコース設定。狭いフェアウエー、深いラフ、硬く高速なグリーンという難関コースに、23人の韓国人プレーヤーが挑んだ。  全米女子...

今宵も徒然 韓ドラBOX ―新連載「アイテム」
 チュ・ジフン主演の最新作。特別な「アイテム」を巡る陰謀を検事が暴く、ミステリーファンタジースリラー。熱血検事と冷徹なプロファイラーが、迷宮入りした事件の真実を明らかにするため、疑い、ぶつかりあいながらも、少しず...
人と今 五十嵐 真希さん(K-BOOK振興...
文学を通して抱く違いと共感
 きっかけは、茨木のり子著『ハングルへの旅』。文学のみならず、芸術から歴史まで深く考察した内容に感銘を受け、韓国語の勉強を始めた。初めて渡韓したのは2000年のこと。ソウルの徳寿宮を訪れ、ハングルの生みの親・世宗大王...

北朝鮮へ
【緊急時局講演会】21世紀の大韓民国の夢とは何かー 「先進と自由統一」
電子版の使い方
写真データベースサービス開始
御礼
Photo
文在寅独裁打倒集会
韓国空軍にもステルス戦闘機
重潜水艦「島山安昌浩艦」の進水式
緊急特別講演『なぜ、韓米同盟か』④
CHOON GUN LEE`S INTERNATIONAL POLITICS
TOGETHER 100
 
「韓自協」が結成・決起大会
大阪・金剛学園に吹く革新の風
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
亀裂深まった韓米同盟
暴君のための洗脳教育を中止せよ
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
今日のヘッドライン
日本主要紙
韓国主要メディア


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません